ランニングのための目標を建てよう!

走りはじめてから数日すると「もういいや、めんどくさい」という気持ちになりがちです。最初のモチベーションが高かった時期も長くは続きません。これは誰もが陥ることなのでおかしなことではありませんが、こうなる前にもう一度確認しておきたいことがあります。それがランニングを続ける目的についてです。

走る目的というのは人それぞれ、様々な目的があります。ダイエットをすることが目的だったり、走って健康増進をすることが目的だったり、ハワイのホノルルマラソンで完走するためだったり、色々あるかと思います。挫けそうになった時にはこの目標をもう一度考えなおして見つめなおすようにした方がいいでしょう。

それでもダイエット目的などでは「走るのは面倒だから、今後は食べるのを少なくしてダイエットしよう」と考えたりする人もいるでしょう。確かにそういうやり方もありますが、ランニングを続けられない人にダイエットが出来る可能性は低いでしょう。ランニングを習慣化して続けられる人ほど、ダイエットに成功しやすいんじゃないでしょうか。

ですからランニングを続けるのがダイエットであるならば、ダイエットに加えて他の目的も持ったほうがいいと思います。よく「なぜ?」というのを繰り返して質問することで、本当の事がわかると言われていますが、それを応用するといいでしょう。ランニングをなぜするか、それはダイエットのためですが、ではダイエットはなぜするかというように問い詰めていくのです。

そうすれば痩せて可愛い服を着たいであるとか、生活習慣病で薬を飲んでいる状態から解放されたいであるとか、何らかの理由が隠されているかと思います。その理由をもう一度しっかりと見つめ直せば、自分自身がちゃんとランニングをしなければならないというのがわかります。サボってばかりだとその目標に近づかないということも自分で自覚できるようになるでしょう。

まずはこの目標というものを挫けそうになったら見つめなおすこと、これがランニングを長続きさせるコツでもあります。逆に最初からなんとなく出始めてしまえば、それは長続きしないことになりますので、最初はなんとなくではなく明確な目標を持っておいたほうがいいでしょう。