走り続けて身の回りに起こったいいこととは?

「長くランニングを習慣化することはいいとして、それで何か周りに変化が起こったり、いいことが起こるんでしょうか?」という声がたまにあります。確かに長く走って非常に疲れるだけでは意味がありません。何かしらのいいことがなければやる意味もないでしょうから、ランニングをしていて変わるということを紹介したいと思います。

まず規則正しい生活を遅れるようになります。毎日朝のランニングを日課にしている人は起きる時間が遅くなると走れなくなるので早く起きるようになり、早く起きるためにあまり遅くまで起きないようになります。そうすると規則正しい早寝早起きの生活になるのです。ランニングだけではなく睡眠もしっかり取れるのでさらに健康的になります。

またランニングを習慣的に行うことで健康的になり、体重も適正体重に近づいていきます。走ることでカロリー消費が多くなるのも一つなのですが、カロリーを摂り過ぎることによって走りづらくなるということを自ら避けるようになるのです。ですので、食事も知らず知らずの間に制限するようになるため、体重が下がりやすいといえるでしょう。

もう一つ、周りから元気になったとか輝いているとか行動的になっているというように、周囲からの評価も変わってきます。ランニングをすることで結構が良くなったり、顔つきが痩せてシャープになったりするからかもしれませんが、前よりも良くなったと言われることが増えるでしょう。元気になればそれだけ仕事も捗りますし、出世を目指している人にはいい効果だといえるでしょう。

こうしたプラスの効果が多くなります。ダイエットになって入らなかったパンツやズボンが入るようになったというわかりやすいことから、周りの見る目も変わってくるという点まで、メリットはたくさんあります。実際に走り始めてランニングを習慣にして初めて分かることです。

「どうしてランニングなんて辛いことを自らすすんで行うのかよくわからない」という人も、これだけのメリットが有るということがわかれば、習慣的に走っている人の気持ちがわかるんではないでしょうか。