マラソン大会を目標にすれば自然と続けられるワケ

なかなか続けることが難しいランニングですが、よく多くの人から聞くことが「マラソン大会を目標にしたらいいんだよ」という言葉です。これはランナーの多くが語っていることですが、確かにマラソン大会に出ることを目標にすれば、かなりモチベーションが上がり習慣化する一つのきっかけにもなります。

現在日本は空前のランニングマラソンブームでもありますので、大きな大会から小さな大会まで、色々なマラソン大会が開かれています。大きな大会の場合は抽選になることも多く、その倍率は10倍を超えるところもあるくらいです。こういうマラソン大会が各地で行われていて、これを目標にすれば週に2,3回はランニングをする習慣がつくでしょう。

そもそもマラソン大会は生半可な気持ちで走れるものではありません。マラソンは長いものでは100キロを超えるウルトラマラソンなどもありますし、一般的なマラソン大会でも42.195キロという長距離を走ることになります。普通、何の準備もなしに参加すると確実に完走することが出来ません。仮に完走出来たとしても、半分くらいからはウォーキングに変わってしまうでしょう。

現に今大きな大会に出ている人たちも、多くが最終的に歩いてしまっています。それだけ過酷なものなので、練習をしないといけないのです。だいたいフルマラソンの半分の距離を走れるのであれば、最終的には乾燥できると言われていますから、最低でも20キロは練習で行って置かなければなりません。

ただでさえでられない人もたくさんいるわけで、そのでられない人たちの分まで走ると考えると、無様な走り方というのは出来ません。ちゃんと一生懸命努力しなければ、沢山の観客がそばで一緒に走っている人たちに恥ずかしい姿を見せることになってしまうでしょう。それは誰も本意ではないかと思います。

ですからそういうマラソン大会のプレッシャーに対して、練習をするようになるというわけです。ただし、マラソン大会は厳しいことばかりではなく、終わった時は爽快感や達成感があり、更にランニングを続けようと思える人が多いのも特徴です。続けていく一つの目標には持ってこいだと思いますよ。