誰もが勘違いしやすい、ランニングっていったい?

ランニングのことなら誰も知らない人なんていない、そういう風に考えている人は多いと思います。なぜなら走るということは子供の頃から自然に行ってきている本能であって、それを知らない人はいないはずだからです。たしかに走るということについては知らない人はいないかもしれませんが、正しいランニングというものは誰もが知っているものではありません。

例えばランニングをしていて足が痛くなった、足の裏にマメができてしまったということはありますよね。誰もが最初は通る道ではありますが、徐々にそれらも慣れてきて足の裏などのマメもできにくくなります。ただ、これは走り方によってもかなり変わってきますしシューズもちゃんとしたものを選んで履くことで、マメや筋肉痛を緩和することだって出来るのです。

ですのでランニングとしての走り方をしっかりと知ることで、かなり楽に走ることができるようになるでしょう。その走り方というのは2つあり、ひとつはつま先だけで走る方法、もう一つが足の裏全体で走る方法です。このどちらかが自分に向いているかを知ることで、足のダメージを最小限に抑えることが出来ます。

どちらかと言うと長身で体の大きい人は足の裏全体を使って走る方法がいいと言われています。いわゆるベアフットと言われる走り方なのですが、こちらの方が体への負担が減るのです。逆に体が小さい人は素早く足を運ぶことによってスピードを出して負担を減らすことが出来るつま先での走り方のほうがいいとも言われています。

またランニングのスピードについてもだらだら走り過ぎるのは逆に疲れるだけで前に進まないということになりますから、だらだら走るよりは息が切れる手前くらいのスピードで走るようにするほうがいいでしょう。運動効果の面から見ても、スピードを出して走っている方が心肺機能を高めてくれます。

他にもシューズをちゃんと選んでいるか、自分に合っているかや足の運び方や腕の振り方、体の固定の仕方などもプロになればなるほど細かくランニングフォームを調整しています。今はコーチングをしてくれるところもありますから、一度客観的に自分のランニングを人に見てもらってアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。